ドラッグと法律について

昨日コーラに含まれる謎の1%について触れた。。
俺はその1%はコカインだったのではないかと考えている。。
だって「コカ・コーラ」の「コカ」ってどんな意味って考えたら「コカイン」かって発想しかでてこなかったからw
ちなみにバンコクに数多くあるタイスキのレストランの「コカ」のタイスキには絶対コカインは入ってないと思うが・・・w
現在はコカインなどのドラッグは世界中の法律で使用できないようになっているが、昔は現在に比べると使用については寛容だった様だ。。
俺としてはそんな時代にコーラという飲み物ができて一種の調味料としてコカの葉をいれたのではないかと思っている。。
真実かどうか確認してはいない。。

タイではコカインなど薬物の規制はすごく厳しいと言われている。。
聞いた話だがタイでの薬物の常用での罪は殺人罪より重いらしい。。
バンコクにいるとよく薬物で逮捕されるニュースが流れる。。
危険ではあるがその分実入りがいいから同じ事件の後が絶たないんだと思う。。

故人である中島らもの著作で「今夜全てのバーで」と言う本がある
一時アル中(アルコール依存症)で入院していた時があって、その時の体験談を元に書いた本らしいのだがその本の中にこんな内容の一説があった・・・
「ドラッグを中毒性のある物と定義するならばアルコールもタバコもドラッグの一種である」という内容の一説である。。
基本的にこの考え方は間違えていない。。
アメリカでも1960年代に禁酒法が発足されている(現在は解禁状態ではあるが)
これは酒もドラッグの一種とみなしたからの発足だと考えられる。。
やはり酒も中毒性があるという点ではドラッグと同じだろう。。
ただ酒は中毒症状がでるまでの期間はドラッグより長い・・・
その点はタバコも同じである。。
最近バンコクではタバコに関して規制が厳しくなってきた。。
俺はてある程度の規制に大しては異存はない(タバコを吸わないので)が現在のドラッグと同じ様な規制になるのには賛成できない。。
タバコで思い出したが昔テレビ番組の「世にも奇妙な物語」で筒井康隆原作の「最後の喫煙者」というタバコの喫煙が現在のタイのドラッグに対する規制より厳しく、見つかれば山狩りまでされる様なパラレルワールドを描いた作品があったが俺は遠い将来ありえる話だと思う。。
[PR]
by siamfish | 2006-03-13 22:35 | 日記
<< アメ ペプシ懐疑問題 >>



タイはバンコクの学生日記 バンコクに住んで思うこと、経験した事をブログにて綴ります。。
by siamfish
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

検索

以前の記事

フォロー中のブログ

参加中のブログランキング

最新のトラックバック

はっちが好んで飲んでるお..
from 水のある生活
たったの3秒。2週間以内..
from ナンバーズ3 完全攻略!!
車cm
from 車cm情報
タイで「エグイ」たばこの..
from 男を磨く旅
海外レンタカー
from 海外レンタカー情報

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧