ミノタウロスの皿

最近、ずっと雨が降っているためかだんだん涼しい気候になってきました。。
どれくらい涼しくなったかと言うとーーー

一ヶ月前〉〉アパートのベランダに流し場があるのだが夕方に使った食器を洗うと、日中の余熱が残っているせいか洗剤が熱いついでに蛇口を捻ると初めにでてくる水も熱い。。
現在〉〉この前夕方に洗ったら洗剤も水も普通の温度でした。。

とまあこれくらい涼しくなりましたw
雨が降りすぎたせいで空気がちょっと湿ってますが暑いのよりはマシだと思ってます。。

最近、バンコクの伊勢丹デパートへ遊びに行きました。。
目的は月に二回発行される無料情報誌「ダコ」、
その他フリーペーパーを取りに行くため
行ったのはいいけどお目当ての「ダコ」はなかったりする orz

伊勢丹デパート構内にある本屋「紀伊国屋」に「ダコ」は置いてあるのだがこの「紀伊国屋」ではコミックなんかも立ち読みできる本屋なので、時々立ち読みする。。

↓↓そこでちょっと面白い本(コミック)を見つけた↓↓

「ミノタウロスの皿」 小学館文庫ー藤子・F・不二雄著

普通にマンガである、ただし少し内容が重いマンガである。
話はこのマンガの第二話。。
テーマは「価値観の違い」だと思われる
TPOによって違う価値観を持つ人間と宇宙人の葛藤が描かれているマンガである
とある惑星で人間を家畜として飼う牛型人間、その惑星に事故で漂流した地球人の宇宙船乗り、地球では人が牛を家畜として飼われているのに、その惑星では逆に牛が人を家畜として飼われているのを見て戸惑う地球人の物語である。。惑星の支配生物である牛型人間がその惑星では常識である「人を食べる」事に対して理解できない地球人、その地球人をみて理解できないが理解できない牛型人間
なんとも奇妙な感じである。。
このマンガを読んでなんとなく自分の境遇と共感できた
二年前にバンコクに来て思うことだが同じ人間でも国や場所が違えばやっぱり価値観がずれている部分がある
長期間バンコクにいて「言葉は通じるのに話が通じない体験」
を何回かした事がある
例えば、一週間前に友人と会う約束をしたのにその日になってキャンセルになった事とかが当てはまると思われる。。
高校生だった時「日本の常識は世界の非常識」なんて言葉を聞いた事があるがこんな言葉もあてはまるのではないかと思われる今日この頃です。。

それが外国に住む楽しさの一つでもあると思っている。。

↓↓ クリックして頂けたら励みになります ↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  

ついでにこいつもよろしくです
[PR]
by siamfish | 2006-05-22 20:34 | 日記
<< 遅寝遅起きは損をする 金色のコーラ >>



タイはバンコクの学生日記 バンコクに住んで思うこと、経験した事をブログにて綴ります。。
by siamfish
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

検索

以前の記事

フォロー中のブログ

参加中のブログランキング

最新のトラックバック

はっちが好んで飲んでるお..
from 水のある生活
たったの3秒。2週間以内..
from ナンバーズ3 完全攻略!!
車cm
from 車cm情報
タイで「エグイ」たばこの..
from 男を磨く旅
海外レンタカー
from 海外レンタカー情報

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧