ジェットコースター

昨日の夕方病院へ行ってきた、特に身体が辛い事はないのだが先週から軽い風邪の症状があり、どうやらこじれてしまったみたいなので再来週大学で中間テストもあることだし早く治してしまおうと思い病院へ行く事にした。。
病院でなんだかやる気のない先生に診察してもらい風邪だねと言われ、院内のカウンターで薬を受け取り病院を出てアパートへ帰っている途中、せっかくここまで来たのだからプラトゥーナム市場へ寄り道してカオマンガイ(鶏の料理です)でも食べようと思い進行方向を180度転換してプラトゥーナム市場へ向かった。。
プラトゥーナム市場にはそのカオマンガイが美味しい店があり、去年市場の近くのアパートに住んでいたのでよく食べに行ったものだった

従業員がピンクの制服を着ているカオマンガイの店につき注文して待っていると程なく料理(カオマンガイだけしかない)が運ばれ、ここのはいつ食べても美味しいなあと思いつつカオマンガイに満足して帰るかと店の近くにあるセンセープ川の船着場へ向かった

プラトゥーナム市場の近くにセンセープ川というバンコクで一番汚いと有名な河川があり、そこに河川ボートが常に往き来している
この河川ボートはバスのようなもので、このボートに乗ると自分の行きたい船着場まで真っ直ぐ行ってくれる

現在住んでいるアパートの近くにもこの河川の船着場があるのでプラトゥーナム市場へ行く時はしょっちゅう利用している(河川だと道路の様に渋滞がないので渋滞の多いバンコクでは貴重な庶民の足と言っても言い過ぎではないでしょう)
おまけに現在ののアパートに引越しする前は毎日このボートに乗って大学まで通学していたという思い出もある

何回も来たお馴染みの船着場であるが昨日はいつもと少し様子が違っていた
船着場にいつも見かけるボートがとまっていないのである。。
いやボートはあるのだがいつも乗っている100人くらいは乗れる大きなボートではなく、船着場にとまっていたのは10人くらいしか乗れない小さい長細いカヌーの様なボートだったのである
見た瞬間なんだこれはと思ったが、去年この近くに住んでいてセンセープ川の側を通るとたまにこんな船を見かけた事を思い出しああ、あの船かと思い納得した。。
この船着場で何度となくボートに乗ったが乗ったのは全て大きなボートでこれまでこのカヌーの様なボートに乗ったことはない
乗るか乗るまいか少し悩んだがこの機会を逃せば次に乗れる機会がいつ来るのか分からないので乗ることに決めた

空いていた席は一番前の一つだけでカヌーに乗ろうとすると

・・・乗れない・・・

いつも乗っている大きなボートは船着場の足場とボートの足をかける場所がほとんど同じ高さなので楽に乗れるのだが、このカヌーは小さな船体なので船着場の足場とカヌーまで段差があったのである

一歩間違えると河川に落ちてしまうので慎重に乗ろうとするが容易には乗れなかった
悪戦苦闘の末なんとかカヌーに乗れたのだが、こんな事はこれから起こる事の序章に過ぎなかったのである。。

オレが最後の乗客だったので程なく船は動き出した。。
一番前に座っていたので前方の視界はかなり良好である(夜でしたけど)
このボートだといつも見えないモノが見えるなあとのんきな事を考えてる間、カヌーのスピードはどんどん上がっていく。。
いつも乗っている大きなボートほど大きくなくほとんどカヌーと同じ大きさのボートで一番前に座っていることもあり風の抵抗もだんだん強くなっている
船体が小さい上、座っていた場所もせまい席だったのでカヌーのスピードが上がる毎にだんだん座る安定も悪くなってくる
遊園地でゴーカートという小さな車に乗ったことがあるが例えるならシートベルトなしでそのゴーカートに乗った様な感じだろう

ジェットコースーターの様なすごいスピードは出ていなかったが、シートベルトが付いていないのでスリルという意味ではジェットコースターを凌駕していた

ちょっと怖かった

こんな思いをしたのは高校生のとき軽トラの荷台のところに乗ったとき以来である(何が怖かったかって山道を走っていたからカーブが多くてやや危険)

しかし隣に座っているお姉ちゃんを見ると平気な顔をしていたのであんまり怖がっている顔をしているのもどうかと思い顔だけは平静を装っていた(心の中ではビビってたけど)

河川を走っていると時々船が波にぶつかり船体が一瞬宙に浮いたりするのだが
船体が水面に落ちる時の衝撃が船体を通して腰に響く

何回も続くとけっこう痛かったりする

早く着かないかなあと思っているとそんなに時間がかからず目的地に着いた
いやに早いなと思い携帯電話の時計を見てみると10分で着いた事が分かった
いつもなら30分以上かかるのだがいつもの約3分の1しか時間がかからなかったわけである、どうりで速く感じるわけである(納得)

まあそれがこのボートの利点なんでしょうと思いつつ運賃を支払ってまたもや悪戦苦闘しながら船着場へ上ったのだが(今度はそんなに段差がなかったのでまだ楽だった)ボートの中で緊張していたせいか船着場を出たあと頭がボーっとした

まさにジェットコースターを乗った後の感じだった

その後30分程その症状は続いた。。

当分カヌーはいいやと思う今日この頃です
確かに少し怖かったが自分の中で楽しんでいた部分もかなりあったのでまたタイミングを見計らってまた乗ってみたいと思います(またこのボートに遭遇できるか!?)


人気blogランキング ← ポチっとお願いします。。

にほんブログ村 海外生活ブログ ← こちらにもポチっと。。
[PR]
by siamfish | 2006-07-17 21:11 | 日記
<< 第三の生物 初体験の珍味佳肴 >>



タイはバンコクの学生日記 バンコクに住んで思うこと、経験した事をブログにて綴ります。。
by siamfish
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

検索

以前の記事

フォロー中のブログ

参加中のブログランキング

最新のトラックバック

はっちが好んで飲んでるお..
from 水のある生活
たったの3秒。2週間以内..
from ナンバーズ3 完全攻略!!
車cm
from 車cm情報
タイで「エグイ」たばこの..
from 男を磨く旅
海外レンタカー
from 海外レンタカー情報

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧