カテゴリ:思い出( 5 )

ゴキブリがジャンプした日

バンコクはゴキブリが多い
バンコクが好きでゴキブリが大嫌いな人が読んでいたら御免なさい
でも実際バンコクはゴキが多いんです
雨季でほとんど毎日雨が降るので最近はあまり見かけませんが、車があまり通らない路地裏などを歩いていると道路でよくゴキに遭遇します。。
今回の記事は「ゴキ」に関する珍しい思い出の記事ですので記事と言えど「ゴキ」が嫌いな方はそれを理解してから読んでください
話は変わりますがアパートの部屋でもよく遭遇します
この前小さなゴキを追い回している時、フト頭の中に蘇る「ゴキの思い出」。。

義務教育を受けていた頃
実家でゴキが大量発生したことがあり、あまりの多さからか母親からゴキの首に賞金がかけられ小遣い稼ぎのためよくゴキを追いかけてました。。(母親はゴキが大嫌い)

そんなある日一匹のゴキと台所で遭遇しました
すぐさま別の部屋へ古新聞を取りに行き、台所へ戻ってあっちこっちへうろうろ走り回るゴキと戦っていると流しのところで丸めた新聞紙で叩いたら攻撃は外れましたがその反動でゴキがひっくり返ってしまいさながらひっくり返った亀と同じく手足をジタバタしても全く動けない状態になりました。。
普通は素早く動くのでスプレーか新聞紙で叩く事しか攻撃の方法がないのですが、その時はゴキが動けないので時間の余裕ができ折角なのでいつもやらない殺り方でやろうと考え、どうしようか考えているとまず洗剤でやろうかと思いましたが、それは以前やったことがあったので他に何かないかと考えつつ周りを探っていると電熱ポットが目に付きました

ポットが目に付くとすぐ思いついたのは熱湯を使う殺害方法
毎年何十匹と退治していたが流石に熱湯を使う方法はやった事がなかったので試してみる事に・・・
ポットから湯のみにお湯をいれて流しに持っていきます
相変わらずゴキは身動きできずジタバタしてます
お湯をかける前になんか嫌な予感がしたのですが、それを無視して湯をゴキにかけてみると・・・

「バシュ」って音と共にゴキブリがいきなり間欠泉が吹くがごとく50センチほど真上にジャンプしました!!

思いっきりビビるオレ
これまで多分3桁はゴキを退治したオレですがこんな反応は初めてです。。
ゴキが思いっきりジャンプした後、また流しのところに落下しました
流しの中を除いて見ると、流石に熱湯のダメージは大きかったらしく

文字通り虫の息です。。

初めて見るゴキのジャンプがショックで心臓がまだバクバクしてましたが、気を取り直して瀕死のゴキにトドメの熱湯をかけるとピクリとも動かなくなりました
あとはティッシュペーパーに包んでゴミ箱に捨て任務は完了されました。。

任務完了後なぜゴキがあんなジャンプをしたのか考えてみると、人間の手が熱いものに触れると反射的に手をひっこめるように、ゴキが熱湯を全身に浴びた時反射的に背中の羽がすごい力で動いてステンレスの流しを叩きそれで上空にジャンプするようにとんだのだと思われます

他にもゴキが飛んできて肩に止まってパニックになった思い出とかありますが、これがゴキの思い出の中で一番強烈な思い出です。。
あの時聞こえた「バシュ」って音は未だに何だったのか解明できていませんが。。

余談ですが現在住んでいるアパートのベランダにステンレスの流しが付いており、使った食器を流しの中に放っておくとお皿についた料理のカスを狙って時々ヤモリが流しの中にいます
少し深めの流しなので身体の小さなヤモリはそこから逃げる事ができません。。
そんな時は外に逃がしてやりますが、もしそれがゴキなら熱湯か洗剤であの世へ送るでしょう

そこで思う事なのですが何故ヤモリは助けてゴキは殺すのか??
何故ゴキは嫌われるのか??
未だに自分が何故そう考えるのかわかりません。。

人気blogランキング ← ポチっとお願いします。。

にほんブログ村 海外生活ブログ ← こちらにも。。
[PR]
by siamfish | 2006-07-02 15:47 | 思い出

タイ人は遊び好き

「光陰矢のごとし」 休日の後日(つまり今日)これほど感慨深く感じられる言葉はないと思います。。(あとは夏休みの最後の日とかセミの鳴き声が何故か空ろに聞こえる)
昨日と一昨日が祝日だったので、先週の日曜日久しぶりに友達と飲みに行ってきました
下戸なので「飲みに行く」とはオレの場合、コーラもしくは限りなく薄いウィスキーなどを飲みに行く行為である(その時の体調によってアルコールを飲む時と飲まない時がある)
少量のアルコールで酔っ払える合理的な体質で、一杯か二杯飲むと顔が真っ赤になるほど酒に弱いが、それでも飲み屋の雰囲気が好きなので飲み屋でだらだらしていたら帰宅が遅くなり、アパートで目が覚めたら昼過ぎだったりする
基本的にタイ人は遊びに行くのが大好きだと言われている
今日はそこから「タイ人の遊び好き」なところを垣間見た思い出を記事にしようと思う。。

あれは確かバンコクに来てから三ヶ月くらい経った時の事だっただろうか・・・
まだバンコクに来てから日が浅くタイ語がぜんぜん未熟だった頃のある日、同じアパートに住んでいた友人からディスコに遊びに行こうと誘われ(英語で)行ってきた。。
メンバーは当時住んでいたアパートのフロントの人とその友人と同じアパートの友人とそのまた友人とオレの計5人
このディスコ行きがまさかハードな遊びだとは想像もしていなかった
PM9時が約束の時間でアパートで少し待ち4人の中の誰かの車でピックアップしてもらいディスコへ向かう
場所は何処だったか忘れてしまったが大きめのディスコでそこで閉店のAM2時までまったりした。。
店が閉店してみんな車に乗りさあ帰ろうかと思っていたら、今度は何か食べに行く事になってしまい24時間営業のレストランへ行く、オレ以外は4人ともタイ人でみんなタイ語で話すのだがぜんぜん分からなかったのでとにかく食う事に専念。。
タイ語をぜんぜん理解できなかった時期だったのでほとんど会話に参加できず4人の会話をいつ終わることやらと思いながらぼんやり会話を聞いていると・・・

今度は今からパタヤ(海)に行く事になってしまった。。
正直アルコールも入っていたしかなり眠かったが、その日は折りよく休日だったし折角なので行ってみることにする
ぼやけた頭でレストランを出るといつの間にやら太陽が昇っている事に気付く、携帯を見るとAM7時だった
それからパタヤへ向かったのだが早朝だったせいか、走っている車は少なく2時間かからないぐらいでパタヤに着く
浜辺で少し遊んで、その辺で昼食を買って食べると流石に前日の疲れがでてみんなで浜辺で昼寝をする(この時の昼寝は潮風が吹いていた事もあり最高に気持ちよかった)
みんな昼寝をして次に起きたのが夕方である
次の日は平日なので流石に帰る事になったが、朝とは変わって帰り道は渋滞に巻き込まれ夕食を食べたり寄り道したりして結局アパートに戻ったのはPM10時である
遊びに行った日の夜に帰ってくるつもりが次の日の夜に帰ってしまったのである。。
昼寝をしたとはいえかなりフラフラだったので昼寝をしたにもかかわらずよく眠れた
次の日は学校に遅刻することなく起きれたので起きた時は少しほっとした

2年前のことなのでしっかり覚えていない部分が多々あるがだいたいこんな感じであった
バンコクにいて泊りがけを考えないで夜から丸一日遊んだのはこれ一回だけかもしれない
オレ以外のの4人も元気というより遊び好きである
その次の日学校からアパートへ帰ると前日一緒にディスコに行ったフロントの人はすごく眠そうだった(そりゃそうだ)
やっぱりタイ人は遊び好きだと思われる

この前飲みに行って遅くに帰って次の日ぼんやりしていると何故か今日記事にした時の記憶が甦った
そんな訳で今日記事にしてみました
オチなしですがオレにとっていい思い出の一つです。。

↓↓ クリックして一票投じてください。。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by siamfish | 2006-06-14 14:57 | 思い出

コウモリ捕獲大作戦

今日は昨日メールを打ってる時に思い出した思い出の話でもしようと思う。。
あれは小学生の頃の夏の夜、家に帰ってきて居間に入ると・・・
部屋の中でコウモリが飛んでる (; ゚Д゚)
毎晩家の近くの外灯でコウモリが群れていたのでおそらくその辺から迷い込んできた一匹だと思うのだが家の中で飛んでるコウモリはその時初めて見た(実際に後にも先にもこれ一回限り)。。
当時小学生だったオレは夏休みには毎日近くの公園へセミを取っていたのでコウモリも虫取り網で取ってやろうと思い居間の窓とドアを全部閉めた。。
初めは簡単に捕まえられるだろうと思ったが、ゼンゼン捕まらない。。
今考えれば当たり前の話で、いつも相手にしていた公園のセミはずっと木に止まっていて虫取り網がなくても背丈の届く範囲あれば素手でも捕まえられるが、
コウモリは止まってくれない、おまけに飛ぶスピードがセミの二倍くらい速い!!
ぜんぜん捕まらねーんだよ (ノ ゚Д゚)ノ====┻━━┻ 
そんな気持ちになりかけたがそれでも諦めずに虫取り網を振り回していると虫取り網の棒の部分にヒット!!
やったーー!!って思ったのもつかの間、打ち所が悪かったのかコウモリはそのまま床に落下・・・
死んじまったかな?? (;´∀`)
なんて思いつつとりあえず戦利品(コウモリの死体?)をチェック
当時は小学生だったし間近でコウモリを見た事が無かったので、コウモリって吸血鬼の手下で牙が生えてて血を吸って怖い顔してる動物って思ってたんだけど実際見てみると・・・
可愛い!! (・∀・)
愛くるしいカオでした。。
更にビックリしたのは見た目よりコウモリの身体はゼンゼン小さい事。。
本当に小さくてピンポン玉ぐらいの大きさ・・・
ただし羽はすごく広くて身体の3、4倍はあった。
なんて理科の時間の延長みたいな事をしていると・・・
コウモリが動き出しました Σ(´Д`;)/
死んだのではなくて単に失神していただけの様。。
コウモリ室内で再び飛行開始。。
今度はもう捕まえる気はなかったので逃がすために天窓を開けるとコウモリにオレの意思が通じたのかすぐに窓から外へ逃げていった。。
すぐに逃げなかったらもう一回捕まえてやろうと思ったのに(実は逃がす気あんまりなかったりする)。。
そんな夏休みの夜であった。。
もし今同じ状況であったら絶対写真とってこのサイトのイメージ画像に掲載すると思う・・
[PR]
by siamfish | 2006-03-23 17:10 | 思い出

時間は守りましょう

こんな思い出がある。。
バンコクに来てから何ヶ月か経ったある日、当時通っていた語学学校の行事でタマサート大学の側の国立博物館に社会見学へ行った。。
その時はクラスのメンバーが学校に集合してからみんなで博物館へ行く事になっていたのだが、あろう事か寝坊してしまい定刻までに間に合いそうになかったので、先生と連絡の末オレだけ現地で落ち会う事になった。。
それが間違いの元とも知らずに・・・
当時はまだ何処に何があるのかわからなく(今では多少わかるが基本的に方向音痴)タイ語もあまり読む事ができなかったのでバスも使えずタクシーで行く事にした。。
事前に聞いた話では30分も経たないで着くはずなのに1時間経っても全然着かない・・・
運転手の兄ちゃんに確認すると確かにタマサート大学に向かっていると言う。。
変だと思って先生に電話して聞いたり、運転手の兄ちゃんに聞いたりしてるうちに別のところに向かっている事が判明。。
しかしちゃんとタマサート大学には向かっているらしい・・・
よくよく聞いてみると
タマサート大学にはキャンパスが2箇所あることが判明・・・
進む方向が全然違うんじゃー (ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻ 
そりゃ着かないわけだw
聞いた時点で速攻で引き返してもらう事に。。
しかし結局着いたのは社会見学が終わる20分程前。。
タクシー代結構かかったし自業自得とは言えアパートに帰ってからへこんだ。。
何もしていないのに疲れた記憶だけが残った社会見学であった。

教訓;集合時間はちゃんと守りましょう。。
[PR]
by siamfish | 2006-03-22 23:27 | 思い出

灯りをつけましょ雪洞に

街を歩いていると時々、日本語が目につく
バンコクに住む日本人向けの宣伝であったり、日本人以外でも読める様に簡単な日本語を使った文章だったりする。
大学の近くにデパート(もしくはスーパー)があってその中にレンタルビデオの「TSUTAYA」が入っているのだが、三月に近いせいか雛人形がプリントされたマグカップのサンプルが置かれていた。
バンコクではマジで珍しく日本の季節感を感じさせてくれたのだが、そんな感情もそのマグカップに書かれた日本語を見て消滅。。。
マグカップには「ひなにんぎょ」と書かれていた。
ひなにんぎょ・・・ なんですか「」って??
どこでどう間違えたかはわからないがすごい間違えである。
手塚治虫著のコミック「ブラックジャック」にでてくる「ピノコ」が言い間違えそうな単語であると思った。
日系企業である「TSUTAYA」で変な日本語を見るのは始めてである(といってもバンコクでは利用した事はない) スカイトレインの駅などによく出店している「AKIKO」なんかでは変な日本語はよく見かけるが・・・  そんな完璧ではないどこかのんびりしてる所がタイの魅力ではないかと思う今日この頃です

おまけーーー 大学へ通う通学路の途中に「ZIGZAG」という名前の美容室がある。そこに入ったらトンガリヘアにされそうな気がするのは俺だけであろうか??
[PR]
by siamfish | 2006-02-20 21:14 | 思い出



タイはバンコクの学生日記 バンコクに住んで思うこと、経験した事をブログにて綴ります。。
by siamfish
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

検索

以前の記事

フォロー中のブログ

参加中のブログランキング

最新のトラックバック

はっちが好んで飲んでるお..
from 水のある生活
たったの3秒。2週間以内..
from ナンバーズ3 完全攻略!!
車cm
from 車cm情報
タイで「エグイ」たばこの..
from 男を磨く旅
海外レンタカー
from 海外レンタカー情報

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧