<   2006年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

闇鍋我慢大会

このブログを始めてから早いものであと一週間で一周年記念を迎えることになる。。
一年前、オレはどんな記事を書いたのだろうと過去の記事を見てみると現在と一年前のオレの名前がさりげなく変わっている事に気付く。。
一年前は本名(名前)を使っていたのにいつのまにか渾名になってしまってる・・・
現在の名前とあまり変わりませんがもし管理人の本名が気になる方はチェックしてみて下さい(タイトル:バンコクの雨より)

話を変えるが一昨日、K氏と供に食べ放題のシャブシャブを食べに行ってきた。。
この店はシャブシャブとすき焼きを両方食べたいだけ食べれる店で、わりと好きな店なのだがこの店に行ったのは実に半年ぶり
オレが先に店に着いて席を確保してK氏を待っているとほどなく来て軽く話をしているとK氏が店の電灯の光が弱い事に気付いた
近くにいたウェイトレスのお姉ちゃんにその事を聞いてみると近くで電気の工事をしているので電力が弱くなっているとかであまり強い電力が使えないとか・・・
そう言われいつもはクーラーが効いていて涼しい店だったのにいつの間にかクーラーが稼動していなくて室内が少し暑くなっている事に気付く
いつ電力が元に戻ってクーラーが動くのかと聞くと、あと30分か1時間で元に戻ると言われそれまで我慢するかとK氏と話しながら注文したものを待っていると・・・

いきなり停電

突如辺りが真っ暗になった。。
以前にも一度レストランで食事をしている時に停電になったことがあるのでどう対処したらいいか分かっていたのでとりあえず携帯電話を取り出して懐中電灯モードにする
それで少し明るくなったが携帯電話のライトは電灯の光と比べれば程遠い明るさである
とりあえずこんな状況では食事できないし、クーラーが稼動していない状況で周りがみんな鍋をつついていたので室内がだんだん暑くなってきていたのでとりあえず外へ出る事に

店の外へ出るとナルホド電柱のところで電気工事中である
修理人のおっちゃんの顔を見るとなんだか難しそうな顔をしていた。。
多分これは時間かかるなあと思い、店の外で待っていても仕方ないので店の中へ戻る事に

店に入ると停電時より部分的に明るくなっていた
店内の至る所でロウソクを立てていたのだ。。
側から見ると誕生日のケーキを食べる時のシチュエーションに似ている(実際の話、冗談かどうか定かではないが他のテーブルからハッピーバースデーの歌が聞こえてきた)
オレとK氏のテーブルにもロウソクが運ばれ、携帯電話の懐中電灯よりかはマシな明るさ、テーブルの周りが食事が最低限できる程度に明るくなったので、注文したけどまだ来ていない分を頼んでシャブシャブ+すき焼きを食べ始める(携帯コンロを使った鍋なので材料さえあれば停電状態でも食べれます)

鍋の中に肉やら野菜やらを入れていくのだがロウソクの光ではよく見えないので
ほとんど闇鍋状態です。。
本などを読むと本当の闇鍋は鍋の中にとんでもない物を入れたりするらしいので、そういう意味では正しい表現ではないが鍋にお箸をのばしても何をつかんだのかほとんど分からない部分が少し困りました。。
何が困るかって・・・

肉がどこにあるか分からない事です!!

これかと思いお箸で挟んでみても白菜だったり人参だったり、区別が難しい。。
闇鍋初体験者のせいかなかなか肉にありつけません(泣
なかなか肉を食べれない事も困りましたが暑いのも辛かった
窓がなくクーラーも稼動していない状況でかつ鍋などをつついているのでかなり暑い
汗を大量にかきながら、必死になって鍋をつつく姿は

闇鍋我慢大会参加中って感じです!!

気付けば周りのテーブルにはほとんど人がいない。。
周りのみなさんはリタイアしたみたいですw
それでもオレとK氏はリタイアする事なく食べ続けた
食べてる途中牛肉の追加のオーダーをしようとするともうありませんと言われてしまった。。
なんでやねんと聞くと、牛肉をスライスする機会が停電のためストップしてしまったからとか
闇鍋もこれまでか、、、と思っていると豚肉のスライスならあるけどと言われたので今度は豚シャブを中心に食べ続けた。。

とにかく食べ続けお腹が一杯になってきた頃、急に電気が回復。。
店内の電灯、クーラーが復活した
電気が使えるようになったので牛肉のスライスもまた頼めるようになった
とは言えほとんど満腹になっていたので、最後に牛肉を一皿ずつ頼む事に
やっと元に戻ったなあとK氏と話をしながら再び鍋をつついていると、停電時かなり汗をかいていたのとクーラーが効いてきたのとで今度はだんだん寒くなってきた
その時何気に理不尽な自分に気付く
停電時は暑いので早く涼しくなって欲しい思い、次に涼しくなると今度は寒いと思ってしまった身勝手さについて
とまあそんな事を言っても実際問題として寒いものは寒いので暖を取る意味でも再三鍋をつついた。。

そんなわけ初めて闇鍋(我慢大会)を経験し、停電時の暑さにめげることなく鍋を食べることができた

幸か不幸かと聞かれれば、暑いのが辛かったがそれなりに楽しめたので幸だったと思う。。
もう一回同じ事するかと尋ねられたら今度は普通に食わせろと絶対答えますがねw

人気blogランキング ← ポチっとお願いします。。

にほんブログ村 海外生活ブログ ← こちらにも。。
[PR]
by siamfish | 2006-06-30 16:47 | 日記

レコード屋にて

この前、近所のデパートへ映画のDVDを見てきた。。
デパートへ行くのはネットカフェでネットをしに行くだけが目的で、特に欲しい映画があるわけではないのだが映画好きで以前毎週レコード屋を周っていた時期があった時の習慣からかデパートへ行く時は時々欲しい映画が無くても新しいDVDが入っていないかチェックしに行く。。
2年程前は色んな所へ珍しいDVDを探しに行ったものです

そんなわけでレコード屋さんでたまにワゴンセール等を漁るんですが、時々面白そうなDVDが見つかります
この前見つけた面白そうなDVDは
ヴァンパイアVSゾンビ」 

オレはゾンビとかB級ホラーが大好きなので買いたかったのですが、映画の出来具合がB級以下の予感がしましたので30分くらい迷った挙句ようやく自分を抑える事ができました
他にも色々ありましたが、次に目に留まったのが「キル・ビル2」という映画。。
以前この映画のパート1の見た事があってカンフー映画みたいでわりと楽しめたのでパート2も多少期待できるのではと思い買ってみる事に。。(パート1は外国人に日本が誤解されそうな映画でしたw)

この映画に対しての感想
→格闘シーンの少ないカンフー映画みたい・・・もっと戦おうよ
見た後の感想
→やっぱり「ヴァンパイアVSゾンビ」のDVDを買った方が良かったかも orz

ただこの「キル・ビル2」を買って面白かったのはジャケットの裏に、
「ナーン・ファー・サムライ」とタイ語で書かれていた事、、
直訳すると「サムライの女神」になります。。
日本人じゃできない解釈の仕方だなあと思いつつ、ちょっと笑ってしまいました。。
現在このDVDは部屋の隅で埃を被っております

他にはアーケード・ゲームが元の「ハウス・オブ・ザ・デッド」ってホラー映画のDVDも買った事があるのですがあの映画はオチがよかったのでまだ当たりの部類に入ります。。
[PR]
by siamfish | 2006-06-28 15:16 | 日記

ワイ・クルーの日~先生に感謝~

タイの学校では年に一度「ワイ・クルー」という習慣があり先生方に感謝の気持ちを示す式典があります。。
「ワイ」とは胸の前で手を合わして相手に敬意を込めて挨拶する事で
「クルー」とは先生の意味です
以前話に聞いたり、式典の写真を見せてもらったことがあるのですが、一昨日初めて式典に参加してきました
式典の日の前日まで式典の時間帯は講義があるので参加しないつもりだったんですが(外国人学生は自由参加)、式典の当日になって大学で何人かと式典について話をしているとやっぱり行ってみようかなと考え直し出席する事にしました。。
タイの式典に参加できる滅多にないチャンスですし、その経験が思い出になりそうだと思ったからであって、決して授業を合法的にサボれるという理由から参加したわけではありません。。
教授はタイ人なので多分理解してくれると思ってます

さてワイ・クルーの式典の会場は大学の構内にあるのですが、現在通っている大学は校舎が二つあって別の校舎で行われたので大学の定期バスに一時間ほどゆられながらもう一つの校舎へ行ってきました。。
その校舎は郊外にあり周りがほとんど田んぼという環境なのですが、この校舎の建物は現在通っている校舎のより5倍くらい立派。。 交通の便は悪いですけど綺麗な校舎なのでちょっと通ってみたくなりました・・・
初めての校舎なのとオレが方向音痴なのとで校舎内をあっちこっちウロウロ迷いつつやっと会場に辿り着き、ホッとしながら席に座っているとほどなくワイ・クルーの式典が始まりました。。

音楽が流れ会場の入り口から先生方が現れ、会場の舞台の椅子へ座ります
それから司会者から挨拶があり、何人かの学生が胸に花で飾られたバケット(わかりにくかったら花束の豪華なヤツだと思って下さい)を抱えながら順番に先生方に渡していきます
出席している全ての先生方に花を手渡すと学生は席に戻り、今度は学長から短いスピーチを学生に送ります
とまあ以上がワイ・クルーの儀式でした。。
時間にして約30分の出来事です

他に大学からの報告とか表彰とかで結局もう1時間ほどかかりましたが、それはけっこう退屈でした
ワイ・クルーの式典なんかは珍しく興味深いものでしたが、報告とか表彰とかは小学校の時から何回も経験しているので面白くなく半分寝てました(昔から朝礼は嫌いでしたから)。。
そんなこんなで式典が終わったわけですが、タイの文化に触れることができた貴重な一時だったと思います。。

人気blogランキング ← 投票お願いします。。

にほんブログ村 海外生活ブログ ← こちらにも一票お願いします。。
[PR]
by siamfish | 2006-06-24 22:10 | 日記

式典後のバンコクと黄色いシャツ

先週、タイの首都バンコクでプミポン国王即位60周年記念式典が行われました。。
世界の25カ国(うろ覚え)から王族を招かれ盛大な式典だったようです
日本からも天皇陛下と皇后のお二人が招かれて式典に参加されました。。

他のブログをみるとタイ関係のブログはほとんどこの式典を記事にしていたのですが、この式典の際にみんなで黄色いシャツを着て国王様をお祝いしましょうというので、式典の日は国民のほとんどが胸にマークのついた黄色いシャツを着ていたのですが、オレはその黄色いシャツを買う事も着る事もなかったので記事に取り上げないつもりだったのですが、一昨日大学の事務所(前回記事にした事務所)に行くと事務員のほとんどの人が黄色いシャツを着ているのを見たらなんだか書きたくなりました。。

式典は終わってしまったので、今回は式典の後の黄色いシャツについて記事を書きたいと思います・・・

式典が行われる前は街中の至る所で黄色いシャツが売られてたくさんの人がいそいそとシャツを買い式典が終われば自動的にみんな以前の服装に戻るのだろうと思っていましたが、実際はそうではありませんでした、未だに黄色いシャツを着た人をそこいらで見かけます
理由としてはこの国の国王様が国民から熱い支持を受けていてその気持ちの表れが式典後も引き続いている事が揚げられますが、別に式典が始まる前はある種黄色いシャツを着るのがブームみたいになってしまいその余熱が続いているのではないかとも考えています、他に黄色いシャツを買って2,3回着ただけでタンスの肥やしにするのもどうかと思っているので着ている人もいるのではないでしょうか。。

聞いた話によると役所関係の公務員は今年いっぱい黄色いシャツを着続けるとか。。
式典前と比べるとかなり減りましたがランカムヘン通りでも未だに黄色いシャツを売り続けているところがあるので、ひょっとしたらこの黄色いシャツを着る傾向は意外と続くのではないかと思っています
以前記事にした、最近ブームが下火気味な「PAPA LOTY」より人気が長く続くと思います(2006年5月3日の記事参照)
公務員の方々が今年いっぱい黄色いシャツを着続けるのと同じような感覚で大学の事務員さん達も黄色いシャツを着ていたのかもしれません
オレは黄色いシャツは着ませんが、タイの王様にはこれからも元気でいてほしいと思います。。

おまけ
シャツには 「เรา รัก ในหลวง」 = 「we love king」 と書かれており、
式典が始まる前は時々タクシーなどに、この文章が書かれたステッカーが貼られている程度で外国人がみんな知っている文章ではなかったと思うのですが、今回の黄色いシャツでかなり知名度が上がったと思います。。

お知らせ
最近画面右下に設置している「ネームカード」の内部に「動物占い」のカテゴリーができてその結果を「ネームカード」内にて公開しております。。
興味のある方は是非ご覧になって下さい

↓↓ クリックしてくれると有難いです。。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by siamfish | 2006-06-20 17:03 | 日記

背筋が冷える時(海外限定)

今回は外国に長期間住んでいると誰もが何回か経験した事があるだろうと思われる、ある日、ある時、「急に背筋が冷える」話を書こうと思います。。

以前記事で書きましたが最近クラブ活動に参加して、昨日もまた参加してきました。。
このクラブ自体には特定の部室がないので日によって集会の場所が変わります
昨日は先週指定された教室を聞き間違えたのか目的地に行っても誰もいず、電話で確認して別の場所に行くと教室ではすでに活動が始まっており、今度ニュージーランドで行われる討論大会のスケジュールの話だった。。
オレには関係ないので適当に聞き流しながら(あまり分からなかったので)ぼんやり黒板をみると、大会のおおまかなスケジュールが書かれている
他にはパスポートに関しての注意事項とか書いていて、その注意事項をみると何かが頭の中に引っかかっるモノがあった
数分の間何が頭の中にひっかかったのか分からなかったが、ぼんやり黒板を見続けると急に目に留まった単語がある・・・
それはビザの文字である
その文字を見た瞬間背筋にヒヤリとするモノが走った
同時に今持ってるビザの期限がいつだったか必死に思い出そうとする
必死になって思い出すとあと7日しかない事に気づく。。

ここでビザの説明を少しするがビザとは外国で居住、仕事、勉強、を長期間するために必要なもので、これがないと観光客とみなされ一ヶ月しか外国に滞在するができない(タイではそんな感じです)。。
オレも今もっているビザを取りに行くために今年の1月にピナン島三泊四日の日程で行ってきました
このビザがないと一ヶ月毎に外国へ出入りをしないといけないので、もしビザが切れてしまうと面倒くさいことになってしまう
前回ビザの延長をした時も気付いたのがわりとギリギリで少し危ない延長だったし、その前にも同じ事で何回か背筋が冷える思いをした事があったのに全く学習ができていない自分。。

昨日気付いた時はすでに事務所は閉まっている時間だったので今日の夕方、全ての授業が終わった後に大学の事務所へ行くと事務所閉まっちゃてました。。
6時まで開いてると思ったのに(閉まるのが5時で行ったのも5時)・・・
あと5日しかないけどなんとかなるでしょう
明日の朝また行ってきます
タイに慣れたせいか、考え方がのんびりとなってるなあと実感する今日この頃です。。

↓↓ クリックしてくれると有難いです。。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by siamfish | 2006-06-15 21:44 | 日記

タイ人は遊び好き

「光陰矢のごとし」 休日の後日(つまり今日)これほど感慨深く感じられる言葉はないと思います。。(あとは夏休みの最後の日とかセミの鳴き声が何故か空ろに聞こえる)
昨日と一昨日が祝日だったので、先週の日曜日久しぶりに友達と飲みに行ってきました
下戸なので「飲みに行く」とはオレの場合、コーラもしくは限りなく薄いウィスキーなどを飲みに行く行為である(その時の体調によってアルコールを飲む時と飲まない時がある)
少量のアルコールで酔っ払える合理的な体質で、一杯か二杯飲むと顔が真っ赤になるほど酒に弱いが、それでも飲み屋の雰囲気が好きなので飲み屋でだらだらしていたら帰宅が遅くなり、アパートで目が覚めたら昼過ぎだったりする
基本的にタイ人は遊びに行くのが大好きだと言われている
今日はそこから「タイ人の遊び好き」なところを垣間見た思い出を記事にしようと思う。。

あれは確かバンコクに来てから三ヶ月くらい経った時の事だっただろうか・・・
まだバンコクに来てから日が浅くタイ語がぜんぜん未熟だった頃のある日、同じアパートに住んでいた友人からディスコに遊びに行こうと誘われ(英語で)行ってきた。。
メンバーは当時住んでいたアパートのフロントの人とその友人と同じアパートの友人とそのまた友人とオレの計5人
このディスコ行きがまさかハードな遊びだとは想像もしていなかった
PM9時が約束の時間でアパートで少し待ち4人の中の誰かの車でピックアップしてもらいディスコへ向かう
場所は何処だったか忘れてしまったが大きめのディスコでそこで閉店のAM2時までまったりした。。
店が閉店してみんな車に乗りさあ帰ろうかと思っていたら、今度は何か食べに行く事になってしまい24時間営業のレストランへ行く、オレ以外は4人ともタイ人でみんなタイ語で話すのだがぜんぜん分からなかったのでとにかく食う事に専念。。
タイ語をぜんぜん理解できなかった時期だったのでほとんど会話に参加できず4人の会話をいつ終わることやらと思いながらぼんやり会話を聞いていると・・・

今度は今からパタヤ(海)に行く事になってしまった。。
正直アルコールも入っていたしかなり眠かったが、その日は折りよく休日だったし折角なので行ってみることにする
ぼやけた頭でレストランを出るといつの間にやら太陽が昇っている事に気付く、携帯を見るとAM7時だった
それからパタヤへ向かったのだが早朝だったせいか、走っている車は少なく2時間かからないぐらいでパタヤに着く
浜辺で少し遊んで、その辺で昼食を買って食べると流石に前日の疲れがでてみんなで浜辺で昼寝をする(この時の昼寝は潮風が吹いていた事もあり最高に気持ちよかった)
みんな昼寝をして次に起きたのが夕方である
次の日は平日なので流石に帰る事になったが、朝とは変わって帰り道は渋滞に巻き込まれ夕食を食べたり寄り道したりして結局アパートに戻ったのはPM10時である
遊びに行った日の夜に帰ってくるつもりが次の日の夜に帰ってしまったのである。。
昼寝をしたとはいえかなりフラフラだったので昼寝をしたにもかかわらずよく眠れた
次の日は学校に遅刻することなく起きれたので起きた時は少しほっとした

2年前のことなのでしっかり覚えていない部分が多々あるがだいたいこんな感じであった
バンコクにいて泊りがけを考えないで夜から丸一日遊んだのはこれ一回だけかもしれない
オレ以外のの4人も元気というより遊び好きである
その次の日学校からアパートへ帰ると前日一緒にディスコに行ったフロントの人はすごく眠そうだった(そりゃそうだ)
やっぱりタイ人は遊び好きだと思われる

この前飲みに行って遅くに帰って次の日ぼんやりしていると何故か今日記事にした時の記憶が甦った
そんな訳で今日記事にしてみました
オチなしですがオレにとっていい思い出の一つです。。

↓↓ クリックして一票投じてください。。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by siamfish | 2006-06-14 14:57 | 思い出

千里の道も一歩から

最近大学でクラブ活動始めてみました
始めた動機は英語の上達を狙ってです。。

現在通っている大学では国際課に席を置いており、そこではタイ人以外の外国人学生も多数通っているので英語が公用語なのに、
実際の話オレは英語苦手であんまり話せません。。
せっかく大学に行ってるのに英語が苦手なままというのもどうかと思い、何か英語が上達できるようなチャンスはないかと大学で探していると・・・

見つかりました、「リベート・クラブ」を!!
ちなみに「リベート」とは日本語で「弁論」とか「討論」を意味します。。
何人かのグループで討論をするクラブで日本語で言うなら「弁論部」とでも言うのしょう。。
今思えば英語ぜんぜんできないくせに、だいそれたクラブを選んでしまったもんです

まあ少しでも話せるようになればいいかなって軽い気持ちで入って、昨日実際にリベート(討論会)に参加してみるとこれがメチャ難しい(当たり前)、それ以前に英語をちゃんと話せないので弁論になっていないのが現実です orz
昨日も部活があって3回討論に挑戦してみたのですが3回とも全敗。。
気持ちがかなり凹みましたが、よかったのは3回目の討論会が終わった後に審査員の人になかなかいい発言だったと言われた事
(と言っても助け舟を出してもらってできた発言だけど)

まあ千里の道も一歩からって言うし、これからもリベートに積極的に参加してまずは少しでも英語に馴染もうと思う今日この頃です。。

↓↓ クリックして下さい、励みになります ↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by siamfish | 2006-06-11 14:21

縁起の悪いラッキーナンバー

先週も記事に書いたが先週から新学期が始まった
タイの大学は6月から新学期が始まるのである
新学期が始まってから一週間が経ったので履修した科目は一巡して全て足を運んだ。。

あれは英語の科目の初日の授業の事であった。。
だいたい初日の授業はどの科目でもこれからの授業の説明と簡単な授業をするだけで、この英語の授業も例によって授業の説明と簡単な授業だけで終わったのだが、授業の終わりに英語の教授が何のためか生徒全員に番号をつけていった。。
何のための番号か知らされていなかったので、不思議に思いつつ待っていると自分の名前と自分の番号を言われ何故かオレだけおまけに・・・

「あなたの数字はラッキーナンバーね」と言われた

不思議である???
何故ならオレに付けられた番号は「13番」・・・・・

日本でなら魔の13階段とかなんとかで縁起の悪い数字なのだが、タイではラッキーナンバーに当たるのだろうか??
授業の後で近くにいた友人に
「13はラッキーナンバーなのか」と聞いてみると

「そんなの聞いたことが無い」との返答が返ってきた。。

何故英語の教授がそんな事を言ったのか不思議だったがその意味は二日目の授業で分かった
二日目の授業で教室に入ると教授に座る場所を指示された。。
席に番号がついていてそこに座れと言うのである
もうお分かりだろうと思うが初日につけられた番号はこの席を決めるための番号だったのである。。
指定された席を探すとなんと教壇のまん前のアリーナ席!!
教授が教壇の前で講義をするとつばが飛んできそうな席である。。

その時オレは教授の言っていた「ラッキーナンバー」の意味を悟る。。
ついでに13番がやっぱり縁起の悪い数字である事も orz
別に取って食われる訳ではないのでアリーナ席でも構わないのだが、できれば後ろの席の方がよかったと思う今日この頃です。。

おまけに最近気づいた事:
これはもう気づかれた方が何人かいるかもしれないのだが、このブログのタイトルは「ランカムヘン通りの散歩人」になっているが正式には「ランカムヘン」ではなく「ラムカムヘン」だったりする (ン→ム)
このブログを作って約一年経ってから気付いたわけでだからといってタイトルを変更するつもりは無いのだが読者の方に間違った名前で認識してしまったのではないかと思い、お知らせします。。
間違いも愛嬌の内ですのでw

↓↓ クリックして下さい、励みになります ↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by siamfish | 2006-06-06 17:05 | 日記

お茶いろいろ

近頃よく雨が降って涼しくなってきたが、今朝はかなり暑かった。。
どれくらい暑かったかって、午前10時くらいにベランダで半分寝ぼけながら昨日使った食器を洗おうとしたら太陽の熱で熱くなった流しのステンレスで軽い火傷をしてしまった。。
今更ながらやはりタイは熱帯の国なんだと思わされた(寝ぼけながら)。。

この前、前から買おうと思っていたティーポットをついに買った。。
ティーポットといっても用途は日本茶を入れるためのものでほとんど急須扱いである
ティーポットを買ったためにやっとティーパックじゃない日本茶を飲めるようになったw
お茶を飲んでマッタリしてると日本人に生まれてきてよかったと思う。。

日本人にとって最もなじみの深い飲み物といえば、やっぱりお茶だと思う。。
コーヒーとか紅茶もいいけどやっぱりお茶が一番飲みやすくて落ち着く

ここバンコクでもコンビニでよくお茶が売れている
ただ日本のお茶とバンコクのお茶には大きな違いがある・・・

それはバンコクのお茶のほとんどの種類が甘いお茶であること
(無糖の緑茶とか烏龍茶などもコンビニで販売されているが種類の数は少ない)。。
甘茶というかむしろアイスティーの感覚である
だからバンコクのお茶=アイスティーの感覚を理解していないとちょっと驚く。。
初めて飲んだ時は砂糖の入っていない普通のお茶をイメージして飲んだので、違和感を感じてすぐに判断できず理解するまでしばらくかかった思い出がある(その間表情は固まっている)
以前バンコクに遊びに来た友人にその事を教えず、お茶を飲んでもらったら同じ様な反応を示してくらたのが面白かったw

昨日ティーポットを使ってお茶を飲んでいると、ティーポットを買ったことで別の事にチャレンジ出来ることに気付く。。
それは中国茶を飲むことである
スーパーなんかに行くと時々中国茶の葉を売っていて、試してみたいなあと思いつつティーポットがないせいで実現できなかったが今ならできるのである
そのうち試してみたいと思う。。

今日はのんびりしているのでネタものんびりw

↓↓ よかったらクリックして下さい。。
ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by siamfish | 2006-06-03 20:36 | 日記



タイはバンコクの学生日記 バンコクに住んで思うこと、経験した事をブログにて綴ります。。
by siamfish
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

検索

以前の記事

お気に入りブログ

参加中のブログランキング

最新のトラックバック

はっちが好んで飲んでるお..
from 水のある生活
たったの3秒。2週間以内..
from ナンバーズ3 完全攻略!!
車cm
from 車cm情報
タイで「エグイ」たばこの..
from 男を磨く旅
海外レンタカー
from 海外レンタカー情報

タグ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧